« 2007年3月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年4月22日 (日)

ロック

最近、ロックというものがいまいちピンときません。

何を以ってロックというのか

ただしかし、忌野清志郎先生は

間違いなく、何がロックかもわからない程に

ロックな人だなあと思います。

そんなことを考えているうちに

ロックが何かなど、わからなくていい

と思うようになりました。

| | コメント (1)

2007年4月20日 (金)

GUN

事件多発していますね。

アメリカで起こったほうは、いわゆる無差別殺人で

被害者は被害者なわけです。

長崎はどうでしょう。

長崎市長がどんな政治をしてきたのか

私は一切知りませんし

私は暴力に賛成しませんが

それはそれとして

政治家をやるなら

銃弾の一発二発撃ち込まれるくらいは

覚悟しとかないとダメなんじゃないですか?

| | コメント (0)

2007年4月 9日 (月)

部屋が

片付きません。

広い部屋だと、割と丁寧に片付けるのですが

狭い部屋を片付けるのが苦手です。

だって、片付けても狭いじゃないですか。

| | コメント (0)

2007年4月 6日 (金)

世界は広い

今日何となく

広い視野のことを考えてみました。

広い視野…

いい意味でしか聞かない言葉ですね。

しかし今日私は思いました。

この私の狭い狭い視野だけで

こんなにも悲しむべきことがあるのに

広い視野を持てば

もっともっと悲しい出来事をたくさん知るのでしょう。

広い世界に目を向ければ

より深い悲しみに埋め尽くされてしまうのでしょうか。

それとも

今私の見ている悲しい、狭い世界が

ちっぽけに見えてくるのでしょうか。

人と人とが憎しみ争う悲劇に

大小があるというのでしょうか。

| | コメント (0)

2007年4月 5日 (木)

昨日、今日、明日

前に触れたか触れなかったか

時間というものについて、よく

あれこれと考えるわけです。

私は、時間は流れていない

と思っています。

秒針が1周すればそれは1分ですし

分針が1周すればそれは1時間です。

それはこの世界のルールであって

本質かどうかはわからないわけです。

時間の流れと呼ばれている、もしくは

そう我々が感じているものは

化学反応の歴史だと思っています。

時間というのは人間の都合です。

1秒という間隔はズレることはなくても

1年という間隔はズレるのです。

閏年が400年に3回省かれます。

100で割り切れる年のうち、400で割り切れない年は

閏年になりません。

だから、2000年は閏年でしたが2100年は閏年ではないのです。

…だから何?

| | コメント (0)

2007年4月 4日 (水)

寒の戻り

というやつでしょうか。

突然寒いです。

天気図のほうは完全に西高東低の冬型で

雪でも降りそうな気がするほどの寒さに感じました。

が、気温は別にたいしたことないわけです。

人間は環境に適応して生きているってことですね。

太陽の寿命は確かあと50億年くらい

(くらいと言っても何億年単位が誤差ですが…)

だったと思いますが

恒星の最期というのは

構成要素のうち、ヘリウムの割合が増加してきて

次第に膨れ上がり

ドカンと散ったあとに白色矮星という

残りかすになるらしいです。

太陽が膨れ始めたとき、既に人類はいないでしょうが

もし人類もしくはその他文明を築いた生物が

地球上にいたら、どうするんでしょうか。

科学技術が発達していれば他の惑星へ移住したり

するんでしょうか。

しかし惑星間を移住できるような科学技術を

生物が持った場合、太陽がなくなる前に

金星みたいになっちゃうんでしょうか。

大気の96%くらいを二酸化炭素が占め

超温室効果で地表は460℃くらいに達するらしいです。

あと、雲が硫酸だったりします。てことは雨も硫酸でしょう。

灼熱の地表は鉛をも溶かし硫酸の雨が降る星

ヘヴィメタルな惑星だなあと思いました。

金星だから重金属星にはなるのか。

| | コメント (0)

2007年4月 1日 (日)

甘党

私、ご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが

大変に甘党でございます。

辛いものはからっきしでございます。

以前に名古屋で料理をごちそうになった時

3人で激辛坦々麺?のスープを一気飲みして

死について真剣に考えるきっかけを作ったり

ライブの打ち上げで、そこらじゅうのテーブルにある

七味唐辛子の白い内蓋をあけて、鍋に全て流し込み

虫寿やAresの連中と一緒に

翌日トイレで苦悩したこともありました。

そんな私は、GABANのブラックペッパー味を

おいしそうに食べる
(すごい勢いで口に放り込んで
バリバリバリバリ…ゴホッゴホッ!
とむせながら食べるのです)

人につられて食べて、大変苦しみました。

人の購買意欲というものは

味どうこうにかかわらず、興味が湧くかどうか

が大切なのだとわかりました。

| | コメント (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年9月 »